わんくりん日記

体のむくみ・肌荒れ・体臭・ダイエット・健康を扱うブログです。昨日よりも体調のいい今日を目指して生活しています。

日々の悩みを解消するためのコツを紹介するサイトです。食生活・運動・おすすめの本などに関する情報を発信しています!

砂糖の摂取が視力低下を引き起こすのは本当である

 

砂糖の摂取を控える生活をしています。

しかし、どうしても摂取しなければならない状況に陥ることがあるのです。

昨日は、まさにそんな日でした。

仕方なく摂取してみると…やはり美味しい!

だけど次の日の今日、目が疲れて文字が読みにくいという現象に悩まされることになったのです。

 

 

 

砂糖の摂取が視力低下を引き起こすのは本当!

f:id:wankurin8:20190305212819j:plain

 

我が子は、パン屋さんが大好きです。

息子は、クロワッサンやカレーパン、さらに揚げドーナツを好んで買います。

パンは2個もしくは3個買うのが米ルールのようで、クロワッサン3つのときもあれば、カレーパン1つにドーナツ1つの時もあります。

 

正直、砂糖たっぷりまぶしてある揚げドーナツは食べさせたくないのが親心。

他のパンを食べている間に、こっそり隠し、忘れたころにゴミとして処分していました。

すごくもったいない、と思います。まだ食べられるのに…食糧難で苦しんでいる人からみたら、私は何て思われるのか分かりません。

だけど…子どもに食べさせたくない。だからといって、自分が食べるのも…。

そう思い、仕方なく捨てていたのです。

 

だけど、パン屋好きの息子です。

またしばらくすると、パン屋へ向かい買ってしまうのです。

昨日もそうでした。

用事があり、その近所に通いなれたパン屋さんがありました。

もちろん息子は、覚えていますから案の定パン屋へ行くことになりました。

 

そのパン屋さんは、天然酵母を使用し、原材料にも拘っているので少々油断していたのです。

息子が選んだパンは、ナッツが入ったパンに丸い茶色のパン。

何のパンか確認をせず、会計を済ませイートインスペースで食べ始めました。

 

丸い茶色のパンを割ってみると、中にぎっしりと詰まったあんこが入っていました。

そう、アンパンだったのです。

息子は、あんこを食べないので、ナッツが入ったパンに手を伸ばし食べ始めました。

 

半分に割れたアンパン…。

今までであれば、心を鬼にして捨てていました。

しかし…素材に拘ったお店の、手作りパン。

捨てるのはもったいない…その心から、私はアンパンを口にしました。

 

「…おいしい…!」

もともと、あんこが大好きだった私です。

丁寧につくられたアンパンは、とっても美味しくて感動しました。

こんなものを捨てようと思っていたなんて…。

反省しつつ、感謝の心でいただきました。

 

しかし…

次の日の今日、どうも目の調子がよくないのです。

目の中に何か詰まっている感じがして、文字が読みにくいのです。

とにかく、目が疲れます。

 

この症状は、私が甘いもの、つまり砂糖を摂りすぎたときに起こります。

昨日食べた、あんこがぎっしりと詰まったアンパンが原因なのでしょう。

悲しくなると同時に、今後の対策を考えてみました。

 

砂糖は極力摂るべきでない。そのために…

f:id:wankurin8:20190712192902j:plain

 

結論として、やはり砂糖は極力摂るべきでないものだと確信しました。

だけど、今回のように、食べたい訳ではなく食べてしまうことがあります。

一体どうしたらいいのでしょうか。

 

それは、残念だけれど捨てるしかありません。

周りにあげる人がいなければ、心を鬼にするしかないのです。

そして、今回の私のケースであれば「パン屋へ行かない方法を考える」ことを徹底することで、食品ロスは多少なりとも防げます。

 

よく考えれば、息子が「パン屋へいきたい」と言ったから出かけたのではありません。

出先にパン屋があったので、見つけたから行きたいのです。

だから、これからはパン屋に寄らなくてもいい出かけ方を探していきます。

 

砂糖断ちって本当に難しいです。

特に、家族がいたり友人や会社の付き合いでうまくいかないこともあります。

そんな中でも、やはり少しでも砂糖を摂取するのを控える努力が必要です。

 

砂糖を極力とらない。

視力を低下させないためには、大切なことなのです。

できることから少しづつ、考えて実行してみませんか。

 

 

今、食べなくても大丈夫だよ。後でも食べられるよ。【過食に悩むあなたへ】

 

私は17歳のとき、摂食障害になりました。

 

現在35歳。障害がすべてなくなった訳ではありません。

「一口だけ…」が止まらないことが多いのです。

そうなると、次から次へと冷蔵庫を漁り、いろんなものを口へ放り込んでしまいます。

 

普段は食べないようなものまで、放りこんでは、あまり噛まずに飲み込む。

その間も次の獲物を狙っているのです。

 

これでも、かなり自制できるようになりました。

10代の頃は、自制できず動けなくなるまで食料を詰めていたのです。

台所で食材を漁り、ほふく前進で廊下を進み、そのまま階段を上がって自室のベッドへ移動していたくらいです。

 

そう考えると、現在はかなり進歩したなと思います。

ただ、将来の不安であったり、なんとなく心寂しいときに私は食が止まらなくなってしまうのです。

 

そんな時の魔法の言葉。

「今、食べなくても大丈夫だよ。後でも食べられるよ。食べ物は逃げていかないよ。」

と、35歳なのに自分に優しく念じます。

 

すると、我にかえって「……後でも食べられるのなら…」と食べるのを辞めることができるときもあります。(できないときもありますよ)

 

次々に食べ物を詰め込んでいる時って、「今食べなくてはならない」と思いがちです。

 

今食べないと、食材が腐ってしまう。

これは私以外食べないものだから、今すぐに食べないと。

食べかけなんてみっともないから、全部食べてしまえ!!

 

そういう思考がぐるぐると回っているのです。

冷静に考えると、料理したものでも冷蔵庫であれば、すぐに腐らないし、なにも今すぐに全部食べてしまう必要はないのです。

 

今、食べなくても大丈夫だよ。

後でも食べられるよ。

 

過食に悩む人へ。大丈夫だよ、大丈夫だよ、大丈夫だよ。と言ってあげたい。

自分にも。大丈夫だよ。食べ物は、逃げていかないよ、と。

 

 

 

 

毎日の食生活を改善して、できるだけお金をかけず健康で綺麗になる方法を模索中!!

 

毎日の食生活を改善して、できるだけお金をかけず健康で綺麗になる方法を模索中です。

 

 

 

9月10日の食生活

f:id:wankurin8:20190421165212j:plain

 

9/10のお昼はスタバで過ごしました。

 

スタバは私にとって息抜きができる大切な場所。

ドトールの方が安いけれど、やっぱりスタバの雰囲気が好きなのです。

 

スタバは次々に新商品が出るし、レジ横のサイドメニューも気になる!という人も多いと思います。

だけど私は、アメリカンのデカフェばかりオーダーします。

飲みたい飲み物を我慢している時もありましたが、人とは慣れるものでアメリカンでも十分楽しめるようになりました。

 

もちろん、サイドメニューも全く気になりません。

これは、完全に慣れなのだと思います。以前は、サイドメニューを眺めてばかりいましたから。

 

夜ご飯は夕方4時頃、自宅にて。

お昼がコーヒーのみだった為、食欲が沸き、冷蔵庫に入っていたものをあまり噛まずにどんどん食べてしまって反省。

よく噛んで食べることは、体を労わる上でとても大切なことなのに…。

 

明日の朝は、トマトジュースのみで胃腸を休めてあげようかと思います。

 

 

 

9月11日の食生活

f:id:wankurin8:20190813220627j:plain

 

朝:トマトジュース

昼:回転寿司

夜:青汁

 

今朝は、トマトジュースのみにすることができました。

朝と夜は固形物を食べていないので、一日一食生活だったと言えそう。

 

お昼はスシローへ行ったのですが、いつものような美味しさを感じられませんでした。

おそらく、味覚が敏感になっているのだと思います。

スシローには申し訳ないのですが、「やっぱり100円の寿司だな」という感想を持ちました。

 

 

 

9月12日の食事

f:id:wankurin8:20180629002846j:plain

 

昨日、久しぶりの一食生活だった為なのか夜、ほとんど眠れませんでした。

お腹が空いて眠れないのか、自分でもよく分かりませんでした。

 

朝起きてから、お腹が空いている感覚があったので朝食を食べてみましたが、「やっぱり食べなきゃよかった...」と後悔しました。

胃もたれする感覚があり、食べない方が体は楽でした。

 

2日ほど便が硬くて出血を伴っていたのですが、食べる量を減らしたら止まりました。

食べ過ぎは便の質を悪化させるのでしょう。

 

お昼は、「まるは食堂」にて食べる予定だったのですが、子どもの都合により中華バイキングのお店へ変更となりました。

中華料理は脂っこいものばかりで食が進まず、さらに食後に胃もたれがしました。

 

夕飯は、お昼の反省で食べないことにしました。

 

なお、毎日のどが渇いた時にはリンゴ酢を飲んでいます。

お水やお茶で薄めたものを今は、1日4~5杯飲んでいると思います。

 

リンゴ酢を飲み始めてから、とっても体調がよく体が軽いです。

 

私は、こちらのものを愛飲しています。

ミツカン リンゴ酢(ペットボトル) 1.8L

ミツカン リンゴ酢(ペットボトル) 1.8L

 

 

このリンゴ酢とウォークマットで、疲れ知らずの体になることができました。

官足法 ウォークマット? 裏板セット(ABS樹脂製補強板付き)
 

 

だけど、美肌には効果が感じられません。

日ごろの食生活が大切なのでしょう。

 

 

もうすぐ増税…その前に、お金をかけない健康法を知ろう

 

気が付いたら、来月には消費税が10%に上がります。

それに、連日の天候不良で野菜や果物の値段は上がりそうな予感…

 

一体、どうしたらいいの!?と思ってしまうかもしれませんが、今そのときがチャンスなのだと思います。

 

 

 

 

お金をかけない健康・美容法

健康になるためには、オーガニックの野菜をたっぷり摂り、浄水された水を使って勇気玄米を食べ、昔ながらの製法で作られた味噌を使って料理を作り…あとスーパーフードも摂らなくっちゃ。

 

とにかく、健康になるにはお金がいるわね。と思っていました。

質のいい食材を求めたら、本当にキリがなくなってお金をたくさん使うことになってしまいます。

 

健康になるためには、綺麗になるためには「質のいい栄養素をたっぷり摂らなくては!」と思っていたからです。

 

だけど…大人は質のいい栄養素をたっぷり摂らなくてもいいのです。それどころか、食べる量を減らす。食事と食事の間隔を空ける。時々断食をする。

 

これらが今、必要なのだと気づき、実践してきました。

それなのに、たくさん食べても食べなくても、なんだか体調が整いません。

 

そこで、お酢を摂ることにしてみたのです。

 

毎日このリンゴ酢をお水などで割り、一日に何杯も飲んでいます。

 

ミツカン リンゴ酢(ペットボトル) 1.8L

ミツカン リンゴ酢(ペットボトル) 1.8L

 

 

そのお陰で、足がとても軽くなりました。

日々の倦怠感も消え、「私に足りなかったのは、お酢なのだ」と分かりました。

リンゴ酢は、スーパーでも安価で手に入れることができます。

 

また、青汁とトマトジュースも効果がありました。

毎日飲んでいたコーヒーを辞めてトマトジュースに変えたら、美容院でも褒められるほど髪質が良くなったのです。

 

私にとって、これらが三種の神器です。

 

カタカナで読みにくいスーパーフードも、美容院で勧められる高級なシャンプーとコンデショナーのセットも必要ありません。

 

これらをきちんと摂り、その上で小食などを実行していくと効果が見えてきました。

 

具体的には、ふくらはぎのガサガサが解消したり、太もも裏のブツブツが減ったり。口内炎も減り、ドライアイも解消しました。

 

残暑が続いていますが、汗もベタベタから少しサラサラなものに変化。

 

どれも嬉しい効果ばかり。

お金をかけることだけが、健康や美容に繋がるのではないということに気が付いた今日この頃です。

 

 

分かってはいるけれど…食事改善できない人へ

 

食事改善の効果は、素晴らしいです。

食事を見直すことで、今よりも体が楽になったり、落ち着いて行動できるようになったりします。

また、体臭が改善したり髪の毛が綺麗にもなります。

 

食事改善をすることは、いいことである。

誰もが分かっていることです。

だけど、次の瞬間お菓子に手を伸ばしてしまう…。

「今日で終わりだから」と心に決めるけれど、結局辞めることはできないのです。

 

私は、そういうタイプの人間です。

何度「今日で終わり、これで終わり」と唱えてきたことか…。

 

頭では分かっているけれど、行動に移せないのです。

食事を改善して、綺麗になりたい。自分に自信を持ちたい。

 

という野望はあります。だけど、それ以上に食欲が勝ってしまう…。

一体、どうしたらいいのかと途方に暮れました。

 

ふと冷静になって考えてみたら、食事改善を頑張れている時期がありました。

その時は、「綺麗になりたい」ではなく「頭を良くしなくちゃ」と考えていました。

 

就職のため試験があり、受験中に集中力を保ちつつ、冷静に問題に取り掛かれるように食生活をコントロールしていたのです。

 

糖質の多い食事のあとは、頭がぼんやりとして文章問題を読んでいても、頭に入ってきません。また、計算問題も解くのが面倒に思えます。

 

そのため、糖質を控えつつ、空腹で頭が回らなくならないようにする食生活を意識していました。

 

これが、私にはぴったりと合っていたようです。

 

試しに、久しぶりに挑戦してみました。

今日は、コンビニで子どもが欲しがって買ったクッキーがあります。

森永製菓 マクロビ派ビスケット <カカオナッツ> 37g×6袋

森永製菓 マクロビ派ビスケット <カカオナッツ> 37g×6袋

 

 

ふと、夕方のEテレを見ながら「食べようかな…」という気持ちに。

「まぁ体に優しいクッキーだし、1枚くらい食べてもいいよね」と、ここで1枚食べたら止まらなくなってしまうのですが…

 

このあと、就職試験が控えていると仮定して「今クッキーを食べたら、確実に頭脳に影響が出るな…」と言う風に考えたら、全く食べたくなくなりました。

 

 

私の中では、どうやら美容に対するコンプレックスよりも、学力に対するコンプレックスの方がはるかに強いようです。(全く意識していませんでしたが)

 

もともと小学校では、「東大に行くの?」と友達から言われていましたし、先生にも「この子はトップクラスを狙える」とお墨付きだった私。

 

それが中学に入ってから転げ落ちてしまって、高校は商業高校へ…とてもとても有名大学へ進学できなくなってしまったのです。

 

自分では気にしていないつもりだったけれど、心の奥底では負になっていたのでしょう。くやしかったのです。

 

だから、勉学の為だと思えば、食生活の改善ができる。

 

美容や健康の為に食事を整えたいと思っても、すぐに挫折してしまう。

そんなあなたは、他に深いコンプレックスがあるのかもしれません。

それを見つけ出して、解消に導いてあげると決めたとき、すんなりと食事が整うのかもしれませんよ。

 

あなたの本当のコンプレックスは何ですか?

 

 

スタバのフラペチーノには砂糖がどのくらい入っているの?

 

専門学校に通い始めたころ。

仲良くなった友人に、スターバックスへ連れていってもらいました。

田舎育ちの私は、「都会にはこんなお洒落なコーヒーショップがあるんだ!」と目を輝かせました。

 

でも、その時オーダーしたのは…エスプレッソ。

ダイエット中だったので、甘いドリンクは我慢したような記憶があります。

エスプレッソというものも知らなかったから、少ししか入っていない苦すぎるコーヒーを飲みながら、「失敗したなぁ」と思ったものです。

 

その後、スタバの前を通るたびにフラペチーノを飲んでいる人々を眺めては、「いいなぁ。痩せたら、私もあれを飲むんだ。」と考えていました。

 

結局、専門学校時代にはフラペチーノをオーダーすることもなく、社会人になって痩せたい気持ちが減ったのと、お金に余裕ができるようになってから手にするようになりました。

 

社会人になって、転職のためにスタバで勉強をすることも増えました。

スタバだと、長い時間お洒落な空間で勉強ができるため、重宝していました。

そのときにオーダーしていたのが、フラペチーノ。

勉強を頑張っているご褒美に、甘いものを自分にプレゼントしていたのです。

いま思えば、なんて浅はかだったのだろう。

 

甘いものは、一時的に疲れをとり、幸福感が増しますが長時間は続かないもの。その後、疲れやすくなったり眠たくなったりします。

夏場のフラペチーノは、店内の冷房と相まって体を冷やし、寒くなって勉強どころではなく店を後にすることもあったくらいです。

 

 

スタバのフラペチーノには砂糖がどのくらい入っているの?

f:id:wankurin8:20190731085422j:plain

スタバのフラペチーノには、たくさんの砂糖が使われています。

なんでも、抹茶フラペチーノには1杯で65gもの砂糖が使われているそう。

WHOでは、一日の推奨摂取量が25gなので、その1杯で2日分以上の砂糖を摂取していることになってしまいます。

 

私は今、砂糖断ちをしています。

砂糖を摂取していた頃よりも、はるかに集中力がありますし、勉強をしていても疲れません。

落ち着いて問題にも取り組めますし、数学の厄介な計算も以前ほど面倒だとは感じません。

 

砂糖をたくさん摂取していた頃は、とにかく集中力も記憶力もなく、ネットで情報を漁っていました。

それらを鍛える本や教材にも、たくさん手を伸ばしてお金をつぎ込んできました。

でも、続かなくてすべて挫折。続けないから、もちろん効果もなし。

 

いまよりもっと、頭のいい自分になりたければ、まず食生活を見直すことです。

スタバで勉強するときには、ブラックコーヒーを片手にするのをお忘れなく!

 

砂糖はただの習慣です。なければ、なしでも生きていけます。

毎日板チョコ4枚食べていた私が言うのだから、間違いありません。

一緒に頑張っていきましょう!

 

 

お酢を毎日飲んでいたら足が軽くなった

 

毎日、お酢を飲むようになりました。

そのおかげで、体がすっごく楽になったのです。

特に下半身。歩くときに足を上げるのが、ふわっとするように。

 

「自分の足って、こんなに軽かったのか…」と何度も感動しました。

 

 

お酢を毎日飲んでいたら足が軽くなった

 

足が軽くなった、私のお酢の飲み方を紹介します。

コップに少量のお酢を注ぎ、水で薄めます。これを一日2杯くらい。

 

お酢は、まずは小さじ1くらいから始めてみるのがいいと思います。

キツくて飲みにくかったら、はちみつを同量加えると飲みやすくなります。

 

私がいつも飲んでいるお酢は、こちらのものです。

 

 砂糖などの余計なものが添加されていなく、かつ安価で購入することが魅力的のリンゴ酢。

近所のスーパーにも売ってありました。

 

なんだ、お酢か…と思わず、毎日体が重くてしんどい人は、ぜひ試してみてください。

足が軽いと、毎日の生活が本当に楽になります。

以前、一番足が重くて辛かった時には、歯磨きの際に洗面台に立っていることすら苦痛でした。

 

食事改善、ウォークマットで随分と楽になり、さらにお酢を飲むことでもっと快適になりました。

運動を特に行わなくても、ふわっふわの軽い足にすることができます。

 

関連記事

wankurin8.hatenablog.com