わんくりん日記

体のむくみ・肌荒れ・体臭・ダイエット・健康を扱うブログです。昨日よりも体調のいい今日を目指して生活しています。

日々の悩みを解消するためのコツを紹介するサイトです。食生活・運動・おすすめの本などに関する情報を発信しています!

スタバのフラペチーノには砂糖がどのくらい入っているの?

 

専門学校に通い始めたころ。

仲良くなった友人に、スターバックスへ連れていってもらいました。

田舎育ちの私は、「都会にはこんなお洒落なコーヒーショップがあるんだ!」と目を輝かせました。

 

でも、その時オーダーしたのは…エスプレッソ。

ダイエット中だったので、甘いドリンクは我慢したような記憶があります。

エスプレッソというものも知らなかったから、少ししか入っていない苦すぎるコーヒーを飲みながら、「失敗したなぁ」と思ったものです。

 

その後、スタバの前を通るたびにフラペチーノを飲んでいる人々を眺めては、「いいなぁ。痩せたら、私もあれを飲むんだ。」と考えていました。

 

結局、専門学校時代にはフラペチーノをオーダーすることもなく、社会人になって痩せたい気持ちが減ったのと、お金に余裕ができるようになってから手にするようになりました。

 

社会人になって、転職のためにスタバで勉強をすることも増えました。

スタバだと、長い時間お洒落な空間で勉強ができるため、重宝していました。

そのときにオーダーしていたのが、フラペチーノ。

勉強を頑張っているご褒美に、甘いものを自分にプレゼントしていたのです。

いま思えば、なんて浅はかだったのだろう。

 

甘いものは、一時的に疲れをとり、幸福感が増しますが長時間は続かないもの。その後、疲れやすくなったり眠たくなったりします。

夏場のフラペチーノは、店内の冷房と相まって体を冷やし、寒くなって勉強どころではなく店を後にすることもあったくらいです。

 

 

スタバのフラペチーノには砂糖がどのくらい入っているの?

f:id:wankurin8:20190731085422j:plain

スタバのフラペチーノには、たくさんの砂糖が使われています。

なんでも、抹茶フラペチーノには1杯で65gもの砂糖が使われているそう。

WHOでは、一日の推奨摂取量が25gなので、その1杯で2日分以上の砂糖を摂取していることになってしまいます。

 

私は今、砂糖断ちをしています。

砂糖を摂取していた頃よりも、はるかに集中力がありますし、勉強をしていても疲れません。

落ち着いて問題にも取り組めますし、数学の厄介な計算も以前ほど面倒だとは感じません。

 

砂糖をたくさん摂取していた頃は、とにかく集中力も記憶力もなく、ネットで情報を漁っていました。

それらを鍛える本や教材にも、たくさん手を伸ばしてお金をつぎ込んできました。

でも、続かなくてすべて挫折。続けないから、もちろん効果もなし。

 

いまよりもっと、頭のいい自分になりたければ、まず食生活を見直すことです。

スタバで勉強するときには、ブラックコーヒーを片手にするのをお忘れなく!

 

砂糖はただの習慣です。なければ、なしでも生きていけます。

毎日板チョコ4枚食べていた私が言うのだから、間違いありません。

一緒に頑張っていきましょう!